ライドシェアとは?今さら聞けないサービス内容!

いま話題のライドシェア。

新聞を毎日読んでいる人であったら、よく目にするワードではないでしょうか。

今回は、最近何かと話題な「ライドシェア」とは何かを説明していきます。


ライドシェアとは?

最初に辞書的な意味を見てみましょう。

ライドシェアとは、乗用車の相乗りの需要をマッチングさせるソーシャルサービスの総称である。ライドシェアでは、自動車の所有者・運転者と、移動手段として自動車の乗りたいユーザーを結びつけるソーシャルプラットフォームが提供される。

(Weblio IT用語辞典より)

ライド(乗ること)をシェア(共有)するということですね。

つまり、乗りたい人と乗せたい人を結びつけ、乗車体験を共有するサービスです。

ライドシェアを利用した場合、ほとんどは初対面のひとの車に乗せてもらうことになります。


「カーシェアリング」と間違えているかたも多いので気をつけてください。

ライドシェアの話題で、「あ~車を貸し借りするやつね」なんて言ってると恥ずかしいですよ…笑


そんなライドシェアですが、分類すると大きく2つにわけられます。

ひとつは配車型サービス。

もうひとつは相乗り(カープール型)サービスです。


つづいては、それぞれの違いや特徴を説明していきたいと思います。



配車型

一般的にいうとタクシーと似たサービスになります。

アプリ内でボタンを押せばGPS情報をもとに、近くを走っている車が迎えに来てくれるのです。


事前にアプリ内で行き先を入力し、決済もできます。

車が来たら乗るだけのとても便利なサービス。

タクシーのように道順を伝える必要はありません。


タクシーと異なる点は

・前払い決済

・GPS情報をもとに迎えに来てくれる

というところでしょうか。


有名なサービスと言えばUberとLyftです。

最近では車メーカーも出資・提携していて注目を浴びています。


ただし、現在の日本では「白タク」にあてはまるとされています。

日本に上陸したUberも、限られた地域でのサービス展開となっているのが現状です。

とはいえ、首都圏での初乗り運賃に変化を及ぼしたり、タクシー相乗りの検討がなされたりとタクシー業界に刺激を与えています。


UberやLyft以外にも、世界にはたくさんの配車型ライドシェアサービスがあります。

Google Play Storeで検索すると海外のサービスも数多く出てくるので、興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。


カープール(相乗り)型

もうひとつの分類としてはカープール(相乗り)型です。

こちらのイメージとしてはヒッチハイク。


もともとドライバーに移動の目的地があり、

同じ方向に向かう人と相乗りするというもの。


ヒッチハイクと異なって、かかった交通費をみんなで割り勘します。


ヨーロッパではブラブラカーといったサービスがよく使われています。

BLA BLAというのは(ペチャクチャしゃべる)という意味で、ドライブ旅行をみんなで楽しむといった感じでしょうか。

自然と友達もできそうな感じがしますよね。


UberやLyftと同じライドシェアでも、こちらはあくまでも交通費の節約のためなので、

ドライバーが利益を得られないようになっています。


ノリーナもカープール型のモデルです。

イベントやスポーツ観戦とも相性がよく、駐車場や渋滞問題の解決にも期待されています。

日本でも法律に引っかからない範囲で展開していますよ。



まとめ

以上、かんたんにライドシェアサービスについて説明してみました。

配車型と相乗り型の区別をできているかたは意外と少ないです。

厳密に言うとUberやLyftにも相乗り型があるのですが、そこはまたの機会に。


おおまかにふたつの違いを理解しているだけでも、周りに差をつけられちゃいます。

(意味があるかはわかりませんが笑)

ライドシェアをすこし理解して、使いたくなったかたはぜひノリーナに登録してみてくださいね。